昔から人間の生活に関わっていた

時代と共に変化している

好きな時に音楽を聴きたい

レコードが誕生する前は、音楽を聴く手段がありませんでした。
非常に、画期的な発明だったと言われます。
プレーヤーがあれば、好きな時に音楽を楽しめます。
ですからレコードが誕生した時は同時に、プレーヤーも流行りました。
今でも、プレーヤーが機能すればレコードを聴くことができます。
古い時代のレコードは、プレミアム価格がついていることもあります。

自分が昔持っていたレコードを、振り返ってみましょう。
自宅の押し入れを探すと、レコードが眠っているかもしれません。
価値があるレコードなら、売れば高額な利益を得られます。
特に流行ったアイドルや歌手のレコードなら、高い価値になりやすいです。
持っていたら、査定を任せてみましょう。

サイズが大きいというデメリット

いつでも自由に好きな曲を聴けるのは嬉しいですが、レコードはサイズが大きいので持ち運びができません。
そこに不満を抱いていた人も多かったと言われます。
どこにでもお気に入りの音楽を持って行けるよう、コンパクトな媒体が望まれるようになりました。
そこで生まれたのが、カセットテープです。
カセットテープは非常にコンパクトですし、車の中でも聴けます。
ドライブする時に、お気に入りの曲を聴く人も続出しました。

携帯音楽プレーヤーが生まれたのも、カセットテープが誕生した頃です。
その頃は自宅で聴くだけでなく、出かける時のお供に音楽を活用していた人が多かったようですね。
今でも運転している時や、電車に乗っている時に音楽を聴く人が見られます。